初めてのFXで失敗しないために

はじめに

複雑で難しそう。とか、賢い人しかできないもの。なんて思ってはいませんか?

 

しかし、基本さえ覚えてしまえば誰でもできるものなのです。

 

ただし、投資を上手に利用するにあたっては、やはり正しい知識と判断力が必要になってきますね。

 

投資は、自分の資金を投資先に預け、将来のある時点で投資した資金よりも多くの金額が戻ってくることを期待するものです。

 

もちろん常に利益が出続けていれば一番いいのですが、時には損害が出てしまうこともあるかもしれません。

 

そんなとき、みなさんがどのような対処をすればいいか知ってれば早めに手を打つことができますね。

 

大切なのは、最初は背伸びせずに現実をふまえて始めることです。

 

余裕資金の中でも損害がでてもいいように小額に設定することを心がけましょう

包茎は知らなくてもいい情報?

 

包茎のことって、まああまり日常会話では出てこないものです。

確かに性的というか、男性の大事なおちんちんの話なのですが、

日常生活で使う話ではありません。

 

かと言って知らなくてもいい情報か?と言うと、むしろ

知っておくべき情報だと思います。

 

包茎治療が必要な人、包茎手術をして前向きになる人、

確かに日常は知らなくてもいいかもしれませんが、1つの知識としては

持っておくことが大事な情報でしょう。

 

そういう情報がないと、包茎治療包茎手術を受ければ、今の悩みが

解決するはずの人が、受けるチャンスを逃してしまうことになってしまいます。

 

まあ中には、それで性的な方向にだけ自信がつくという、よく広告で

あるようなことになる人もいるでしょう。

そういう人でも正しい情報があってこそ、性的な自信をつけることが

出来るのでしょう。

 

学生であっても間違った情報に流されず、今のインターネット社会でも

ありますので、どこかに正しい情報を公的にでも出してもいいと思います。

出来れば、簡単に閲覧できる医療情報に載せたらいいのではないかと思います。

最近では、投資を老化防止や、趣味の範囲で行っている人も中にはいますが、おそらくほとんどの人が何らかの夢と目標をもって「お金を増やしたい」と考えていることでしょう。

 

ところが、実際に初めてみて、なんだかわからないうちに利益が出てしまった結果、目先のお金を増やすことにのみ集中しすぎて、いつのまにか当初の目的からそれてしまい、さらには目標すら見失ってしまうケースも少なくありません。

 

だからこそ、投資を始める前には、現在の自分の状況と、これからどこを目指すのかということをしっかりと決めなければなりません。

 

また、「いつまで」に「どのくらい」お金を増やしたいか、「いくらまでなら損害がでてもいいか」、目標のためにいくらまで投資できるのかを決めておく必要があります。

 

投資期間と到達額をしっかり決めておかないと、人間は欲の深い生き物ですから、目標のために得た利益が「まだ利益がでるかもしれない」と、やめ時を見失い大損をしてしまうケースも少なくないです。

 

視点を変えてみると一種のギャンブルと同じです。

 

賢く利用するなら、自分が決定した期間内で得た利益、または目標の額に達した時点で、自分の夢にキッパリと意識を向け直すことが大切です。

FXの最大の特徴である、元の資金よりもはるかに大きな取引が可能なるのは、この『レバレッジ』という仕組みがあるからです。

 

レバレッジは直訳すると『てこの原理』を意味します。

 

てこの原理は知っての通り、《小さな力で、大きな力を生み出す原理》です。

 

このてこの原理同様に、小さな資金源で、大きな取引を行うことから『レバレッジ』と言葉を使って呼ばれています。

 

実際にFXでは、“レバレッジが50倍”なんて言い方を使用しますが、これは証拠金に対して50倍の取引を行っていることを言っています。

 

実際に2005年では、安いところで1ドル=101円、高いところで1ドル=121円という変動を見せています。

 

ということは、単純に20円の変動があったということです。

 

すると1円で5万円の儲けがあるわけですから、20円の変動は『100万円の儲け』ということになります。

 

ただ、レバレッジの利点と、リスクは裏表の関係です。

 

この20円の変動が仮に、円安への変動(価値の下がる動き)だとしたら…。

 

おわかりですね?

FXをはじめとする投資活動には、利益を上げるために行うものですが、その利益をあげるチャンスがあるときは、必ずそのそばに損失を出すリスクが付きものです。

 

それらのリスクをできる限り削っていくことは重要でしょう。

 

そのリスクを軽減させることを「リスクヘッジ」と言います。

 

このリスクヘッジには様々な方法があり、それらを実行することで、「ハイリスク・ハイリターン」の取引を「ローリスク・ハイリターン」に近づけることも可能になるのです。

 

 ・レバレッジ倍率の調整

 

 ・損切り

 

 ・分散投資

 

 ・両建て

 

など、方法はいろいろあります。

信頼のおけるFX会社は利用者の大切な資産を守るために、利用者が預けている資金は、一般の債権・債務とは別に切り離して信託先の銀行に保管することを会社方針で義務づけています。

 

そうすることで、万が一会社が破綻したとしても、預けている資産が守られるシステムをとっているのです。

 

このシステムのことを『信託保全』といい、資産を預かった会社側は、利用者の資産を取引業者の経営に流用することが出来なくなるため、FX利用者の資産を保護することになりますし、しかも取引業者の経営の透明化を図ることが可能になります。

 

この信託保全で、利用者の資産とは会社の資産を別に区分しているかということは非常に重要なことです。

 

安心して利用するためのシステムだから、FXのような取引を行っている会社ではどこでも行っていそうなものですが、信託保全には思いのほかコストがかかるため、全ての会社が採用しているわけではありません。

 

万が一の備えの意味でも、取引会社を検討する際には、「信託保全」を採用しているか、というのは大きなポイントになるかと思います。

ロスカットは、「マージンコール」や「自動ストップロス」ともいわれ、為替の変動が仮に思惑と反対方向(下がる)に動いてしまった際、 「維持証拠金×取引数量」を下回った時点で自動的に決済をしていまうというルールのことを言います。

 

「どうして、勝手に決済してしまうんだ」と思う方もいるかと思いますが、もしそこで決済しておかなくて、損失が拡大してしまう可能性があります。

 

為替の世界は株のように、それ以上上がったり下がったりできない値幅制限(ストップ幅)がありません。

 

ですから、放っておくと無限大に損失が膨らんでしまう可能性をもっているのです。

 

ロスカットはもっている資金以上に損失が膨らまないようにする仕組み、利用する方の大切な資金を守る安全装置の働きをもっているのです。

 

FXの会社によってはロスカットレベルに近づくと、事前にメールでお知らせするサービスも行っています。

 

資金に余裕があって、その後の経過をまだ見続けたい場合は資金を追加して取引を続けることが可能になっています。

 

ただ、損失が大きくなりすぎる前に素早い決済を行うリスクコントロールの重要性を忘れてはいけません。

 

FXを利用するなら、ロスカットに頼るだけでなく、自身でもロスカットラインを常に意識して投資することが大切です。

 

常に考えながら投資していくことが、着実に儲けを積み重ねていく秘訣になるでしょう。

 

ロスカットを恐れずにチャンスに備えるため、また値動きに過敏になりすぎないようにも、もとで資金に余裕を持つことが大切です。

最新ニュース

  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • 美容皮膚科
  • 債務整理

  • HOME ロスカット 信託保全 リスクヘッジ レバレッジ 投資で大切なこと